090-4098-2313

ブログ

2017/09/25(月)

初めまして。

カテゴリー:ご挨拶

 

初めまして!

諏訪市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院 龍胆の院長 轟雄太です。

今日は私の自己紹介をさせていただきます。

 

私は1988年(昭和63年)に長野県須坂市で生まれました。
家族は父・母・姉2人・私の5人家族です。
 
 

両親が共働きであったので、普段は祖母の家の近くの保育園に通い、送り迎えも祖母がしてくれていました。
3歳の時に保育園にある滑り台の上から落ちて、左ひじを骨折して入院してしまいました。
この時のことはよく覚えていませんが、保育園の先生には多大なるご迷惑をおかけしてしまったと思います。
 
   

その後は大きなけがをすることなく、成長していきましたが、小学校5年生の時に再び悲劇が訪れます。

父親と姉とスキーに行った際に転んで右足を骨折して入院してしまったのです。
人生2度目の骨折です。今までの人生で一番の痛みでした(笑)
 
 

この時は小学生ながらに
「あ、俺、ダメかも・・・」
と思いました。
約3週間の入院。そしてリハビリを経験しました。
 
 

中学校ではソフトテニス部に入部して部活に打ち込みました。肩を痛めて思うようにプレーできない時期もありました。
高校でもソフトテニスを続け、キャプテンも任されました。
ソフトテニスは現在も続けていて、一生続けようと思っています。
 
 

高校卒業後の進路をどうしようかと悩んだときに、
自分が今までに2回骨折を経験しており、
またソフトテニスを行う中で肩の痛みを経験したことから、
人の身体の痛みを良くする仕事に就きたいと思いました。
  
  

理学療法士の道に進もうと思い大学を受験しました。
しかし、不合格になってしまいました。
そこで理学療法士の道と迷っていたスポーツを勉強する大学に進学をしました。
 
 

大学では主に健康増進スポーツについての勉強をしました。
実際に地域の方々を対象とした運動教室を企画・運営したり、データを集め発表したりしました。人の役に立つ活動にとてもやりがいを感じました。

しかし、大学でも身体を痛める事態に襲われてしまいました。

大学1年生の時に筋トレ中にぎっくり腰になってしまったのです。
動くのもやっとで、少しでも油断すると激痛に襲われる。そんな痛みを経験しました。
それからというもの常に腰が重く違和感がある状態が続きました。
 
 

大学卒業後の進路を考えたときに、人の健康に関わる活動にやりがいを感じたこと、
また自身がぎっくり腰になってずっと腰の調子が悪くなってしまったことから、
一度は諦めてしまった、人の身体の痛みを良くする仕事に改めて就きたいと思いました。

そこで色々調べる中で、柔道整復師という仕事に出会い、「この道に進もう!」と思い、
長野市にある専門学校に入学しました。
 
 

専門学校を卒業し国家試験合格後は諏訪市で痛みのある方の施術に従事してきました。

患者さんから笑顔で
「良くなったよ」
「ありがとう」
と言われると本当にこの仕事について良かったと思います。
 
 
自分がひどい腰痛を経験しているからこそ、同じく腰痛で悩む方の気持ちがわかると思っています。
患者様の痛み・悩みに誠実に寄り添い、
幸せづくり・笑顔づくりのお手伝いをすることが
私の使命だと思っています。
 
 
 
 
本日もブログをお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

10月26日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

090-4098-2313

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。